遺言による遺産を相続する方法

被相続人が残した遺言がある場合には、その遺言に従って遺産を相続することになって、このように遺産を相続する方法を遺言相続といいます。
そこで遺言があるかどうか分らない場合には、金庫など家の中から探す他に公正証書遺言がないのか最寄りの公証役場に問い合わせて検索する必要があります。
また遺言には厳格な様式が求められていて、民法では自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の3つの方式が定められていて、いずれかの要件を満たしていないと無効な遺言となります。
それから公正証書遺言以外の場合については、開封しないで家庭裁判所に検認の手続きをする必要があります。
Continue reading “遺言による遺産を相続する方法”

遺言を残すことにはどのような意味があるのか?

自分が死んだ後のことについて自分の意思表示をする唯一の方法が遺言と言えます。
そんな遺言を残す人が年々増加傾向にあると言われていて、その背景には昔のような家を継ぐ長男がすべてを相続するという家督相続の制度から、相続人が均等に相続する制度に変わったことがあります。
法的に相続することになるので何の問題もないと考えられるのですが、実際には相続をめぐる争いも少なくないもので、しかもその激しさも熾烈なものになっているのです。
Continue reading “遺言を残すことにはどのような意味があるのか?”

遺言とはどのようなものなのか?

遺言とは、法的には被相続人の最終の意思表示と定義されていますが、最終の意思表示とは死の間際にした意思表示という意味ではありません。
被相続人の死に最も時間的に近接した時点における意思表示という意味で、いわゆる遺書のように間際である必要はないのです。
この遺言は、被相続人(遺言者)の死後に発生することになる財産の処分などの法律行為に対して、自分の意思表示の効力を及ぼすことが可能になるものです。
つまり、遺言とは被相続人(遺言者)が自身の意思を反映させるためにとることができる唯一の方法と言えます。
ちなみに遺言は、一般的に「ゆいごん」と読まれているのですが、法的には「いごん」と読みます。
Continue reading “遺言とはどのようなものなのか?”