遺言書の預け先について

 

・遺言書の安全な預け先
遺産相続の時に、法的効力を発揮する遺言書。
遺言書は、内容を改ざんされないように第三者が手に触れないようなところに保管しておく必要があります。
では、遺言書の預け先には、どのような場所があるのでしょうか?
ここで、詳しく解説したいと思います。

 

・自筆証書遺言書の預け先
一般的な地質証書遺言書のケースでは、よくあるものとして、自宅の金庫や机の引き出しなどが挙げられます。
これらの保管場所は、第三者がその遺言書を手に取ってしまう危険性もあり、あまりおすすめできません。
改ざんされてしまうと、その遺言自体が無効になってしまいますし、紛失してしまうリスクもあります。
出来れば弁護士などを後見人にして預けるか、銀行の貸金庫に預けておくことをおすすめします。
弁護士に預けておくと自分が死亡した後に、遺言書の内容を仲裁してもらえますので、遺産相続の争いを回避することができるでしょう。

 

・自筆証書遺言書の書き方
自筆証書遺言の書き方は、相続人、相続財産についての内容を書き記し、遺言書を作成した日付と被相続人の氏名を記載する流れになります。
この中のうち、日付はかなり重要なポイントなので、正しく記載するようにしてください。
なぜ日付が大事なのかというと、被相続人が亡くなった後に複数の遺言書が出てきた場合、日付が新しいものに効力が認められることになるからです。
これらの要件を満たしていないと、その遺言は無効になってしまい、相続人同士が遺産分割協議を行わなければならなくなります。
後々親族がもめてしまわないように、相続財産もきちんと調べて、遺言書の内容を正しく記載するようにしましょう。

 

・公正証書遺言書の預け先
一番安心なのは公正証書遺言書を作成して、公証役場に預けることです。
公正証書遺言とは、証人を2人たてて遺言書を作成する方法になります。
証人を立てることで、その遺言書が正式なものであると認められることになり、法的効力が一番信頼できるものになります。
この公正証書遺言書は、公証役場が保管して厳重に管理することになるため、第三者が勝手にその遺言書を開示することができなくなります。

 

・遺言は口約束でも大丈夫?
遺言書は、必ず正しい形式の書面で残しておかなければなりません。
遺産分割協議になり裁判になると、口頭で遺言を記録したビデオレターなども判断材料として採用されることもありますが、民法上の法的効力は遺言書にあります。
ですから、今後終活を考えている人は、正しい遺言書の書き方を調べて、専門家のアドバイスを受けながら作成することをおすすめします。