遺言とはどのようなものなのか?

遺言とは、法的には被相続人の最終の意思表示と定義されていますが、最終の意思表示とは死の間際にした意思表示という意味ではありません。
被相続人の死に最も時間的に近接した時点における意思表示という意味で、いわゆる遺書のように間際である必要はないのです。
この遺言は、被相続人(遺言者)の死後に発生することになる財産の処分などの法律行為に対して、自分の意思表示の効力を及ぼすことが可能になるものです。
つまり、遺言とは被相続人(遺言者)が自身の意思を反映させるためにとることができる唯一の方法と言えます。
ちなみに遺言は、一般的に「ゆいごん」と読まれているのですが、法的には「いごん」と読みます。
Continue reading “遺言とはどのようなものなのか?”