遺言に関する相談や依頼はどの専門家に?

遺言書の作成など遺言に関する相談や依頼をする専門家と言えば、従来は弁護士が多かったです。
しかし、今では弁護士だけでなく司法書士や行政書士にも相談や依頼ができるようになっていますし、稀に税理士が対応するケースもあります。
そこで、それぞれの専門家に相談・依頼するメリットやデメリットには、どのようなことがあるのか違いを知っておくと選ぶ際の参考になります。
Continue reading “遺言に関する相談や依頼はどの専門家に?”

遺言に基づいた遺産分割手続きを進めるのなら

遺言書で預貯金については誰々に相続させる、不動産は誰々に遺贈するなどの記載があって、その遺言が有効な場合にはその遺言書の内容に従って遺産分割手続きを進めていくことになります。
その際には、相続人や受遺者などが該当する遺産の保管されている銀行などの金融機関に行ったり、法務局に行ったりして受け取りや名義書換手続きなどをします。
この時に、戸籍謄本など相続を証明する書類・相続人の身分証明書などが必要になるので、こうした書類を手続きのために準備する必要があります。
Continue reading “遺言に基づいた遺産分割手続きを進めるのなら”

遺言で生命保険金の受取人を変更することはできるのか?

相続・贈与対策として生命保険を活用することはとても大切ですが、時間を経過することで生命保険金を渡したい家族が変わることもあります。
そのような事態になった時に、現在資産を有している人が遺す遺言により、生命保険の受取人を変更することは可能なのか悩むケースもあります。
Continue reading “遺言で生命保険金の受取人を変更することはできるのか?”

遺言と違う遺産分割ができないケースとは?

被相続人が遺言を残していたとしても、その遺言の内容と違う遺産分割を実施することは可能です。
しかし、いくら相続人全員が違う遺産分割をすることに同意していても、また相続人以外の受遺者の同意があったとしても、遺言の内容と違った遺産分割が認められない場合があります。
その遺言と違った遺産分割ができないケースとは、どのようなことかというと遺言で遺産分割協議の禁止がなされている場合です。
Continue reading “遺言と違う遺産分割ができないケースとは?”

不公平な遺言から相続人を守る制度

遺言書で相続人や相続分を被相続人は自由に決めることが可能となっていて、被相続人が遺言書で残した指定相続分は、民法で定められた法定相続分よりも優先されて適用することになります。
しかし、それにより特定の相続人のみが利益を受ける有利な条件になっていて、他の相続人が生活できなくなるようでは人権の侵害にもつながります。
このように他の相続人に不公平が生じる可能性が生じる事態を回避するために、民法において遺留分という制度を定めているのです。
Continue reading “不公平な遺言から相続人を守る制度”

遺言の内容を実現させる遺言執行者とは?

遺言が残されていてその遺言の検認が終了したら、いよいよ遺言の内容を実現させることになり、その為には様々な手続きがあります。
遺言において必ずしも指定しておくものではありませんが、そうした手続きを執行する遺言執行者を指定できることにはなっています。
登記の申請や引渡しの手続きをはじめ、不動産を遺贈するなど遺言執行者がいなければできない手間がかかることがたくさんあるので、遺言執行者を指定したり第三者に指定を委託したりするのがベストです。
Continue reading “遺言の内容を実現させる遺言執行者とは?”

遺言による遺産を相続する方法

被相続人が残した遺言がある場合には、その遺言に従って遺産を相続することになって、このように遺産を相続する方法を遺言相続といいます。
そこで遺言があるかどうか分らない場合には、金庫など家の中から探す他に公正証書遺言がないのか最寄りの公証役場に問い合わせて検索する必要があります。
また遺言には厳格な様式が求められていて、民法では自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の3つの方式が定められていて、いずれかの要件を満たしていないと無効な遺言となります。
それから公正証書遺言以外の場合については、開封しないで家庭裁判所に検認の手続きをする必要があります。
Continue reading “遺言による遺産を相続する方法”

遺言を残すことにはどのような意味があるのか?

自分が死んだ後のことについて自分の意思表示をする唯一の方法が遺言と言えます。
そんな遺言を残す人が年々増加傾向にあると言われていて、その背景には昔のような家を継ぐ長男がすべてを相続するという家督相続の制度から、相続人が均等に相続する制度に変わったことがあります。
法的に相続することになるので何の問題もないと考えられるのですが、実際には相続をめぐる争いも少なくないもので、しかもその激しさも熾烈なものになっているのです。
Continue reading “遺言を残すことにはどのような意味があるのか?”

遺言とはどのようなものなのか?

遺言とは、法的には被相続人の最終の意思表示と定義されていますが、最終の意思表示とは死の間際にした意思表示という意味ではありません。
被相続人の死に最も時間的に近接した時点における意思表示という意味で、いわゆる遺書のように間際である必要はないのです。
この遺言は、被相続人(遺言者)の死後に発生することになる財産の処分などの法律行為に対して、自分の意思表示の効力を及ぼすことが可能になるものです。
つまり、遺言とは被相続人(遺言者)が自身の意思を反映させるためにとることができる唯一の方法と言えます。
ちなみに遺言は、一般的に「ゆいごん」と読まれているのですが、法的には「いごん」と読みます。
Continue reading “遺言とはどのようなものなのか?”