遺言を残すことにはどのような意味があるのか?

自分が死んだ後のことについて自分の意思表示をする唯一の方法が遺言と言えます。
そんな遺言を残す人が年々増加傾向にあると言われていて、その背景には昔のような家を継ぐ長男がすべてを相続するという家督相続の制度から、相続人が均等に相続する制度に変わったことがあります。
法的に相続することになるので何の問題もないと考えられるのですが、実際には相続をめぐる争いも少なくないもので、しかもその激しさも熾烈なものになっているのです。

今まで仲良く過ごしてきた兄弟や親族が相続をきっかけに憎みあったり、仲たがいをしたりする悲劇はできる限り避けたいものです。
しかし、きちんと遺言を残すことによりこのような悲劇を防止することにつながると、少しずつ世間にも広がって、遺言やエンディングノートなどに関心を持たれる方が多くなってきているのです。
欧米社会では古くから当たり前の風習になっていたことが、日本においてもようやくそうした時代を迎えようとしていると言えます。

では遺言を残すことの意味としては、どのようなことがあるのかというと、先にも触れましたが相続争いを最小限に食い止めることができるというのがあります。
ただ遺言が残されていても遺産の分け方に関して、相続人の間で不公平感が残る可能性も考えられます。
その意味で遺言を書く時には、遺言の中にどういう思いや考えで振り分けをしたのかを付言事項として付け加えて書いておくと良いです。
そうすることにより遺言者の思いが伝わって、相続人も納得しやすいと考えられます。

また遺言を残すことの意味としては、それにより相続人以外の第三者に財産を残したり、相続人に相続させる場合でも自分の意志に沿った財産配分をしたりすることができます。
それから遺言書があると大体の財産が記載されているので遺産調査の負担が減りますし、遺言執行者を定めて執行者がすべての手続を行うとしておけば相続人の手を煩わすことも少なくなります。
法的な効力は一切ありませんが、希望する葬儀方法や残された家族への思いを伝えることもできるので、生前の希望や思いを伝えることができるといった意味もあるのです。