遺言に関する相談や依頼はどの専門家に?

遺言書の作成など遺言に関する相談や依頼をする専門家と言えば、従来は弁護士が多かったです。
しかし、今では弁護士だけでなく司法書士や行政書士にも相談や依頼ができるようになっていますし、稀に税理士が対応するケースもあります。
そこで、それぞれの専門家に相談・依頼するメリットやデメリットには、どのようなことがあるのか違いを知っておくと選ぶ際の参考になります。

遺言に関する相談や依頼は、法律のプロである弁護士にしておけばまず間違いないと考えられます。
もし遺留分を明らかに侵害する場合など、間違いなく何らかの争いが発生すると予想されるような遺言書の内容の場合には、弁護士に依頼するのが賢明です。
相続遺産に不動産があるのなら不動産をきちんと特定したうえで遺言書を作成する必要があるので、不動産が含まれる遺言書を作成は司法書士に依頼するのが良いと言えます。
行政書士に相談・依頼すると他の専門家と比較して費用が安いというメリットがあるので、費用を気にすることなく気軽に行いたいのなら弁護士よりも良いと考えられます。
税理士に相談や依頼することは他の専門家と比較して少ないですし、特に相続税申告が必要でないのならあえて税理士に依頼する必要性はないと考えられます。

遺言書の作成は相続手続きと比較して業務は比較的複雑ではないので、各専門家で大きく対応業務に差が生じることは少ないですし、どの専門家に依頼しても最後までサポートしてくれます。
また費用についても専門家によって大きく差がひらくものではないので、どの専門家でも大きな差はないです。
そう考えるとやはり自分が一番話しやすい専門家に相談・依頼するのが良いと言えます。

ただ、どうしても自分で決めることができなくて悩む場合には、法テラスに問い合わせをして相談してみるのもひとつの選択肢です。
法テラスを利用すれば法制度や相談窓口など解決のきっかけとなる情報を提案してくれるので迷うこともなくなります。
それから法律相談センターでは無料で相談を受けてくれるので、利用を考えてみると良いです。