遺言と遺書はどう違うの?それぞれの意味と効力について

 

自分が亡くなるとき、残された家族に当てて書いておく遺言と遺書。
遺書と遺言は一見似ているように見えるのですが、この2つは全く意味の違った言葉です。
遺言を書くときは遺書では効力をなさないので、間違えないようにしましょう。
そこで、遺言と遺書につくて詳しく見ていきたいと思います。

・遺言の意味と法的な効力は?
遺言と言うのは民法で定められたもので、法的にも効力があるものを言います。
遺言には公正証書遺言や自筆証書遺言などの種類があり、それぞれによって作成方法が異なります。
きちんとした作成方法で内容を記しておけば、自分が亡くなった後に財産の相続で争うこともなくなり、効力のある遺言を書くことが出来でしょう。
仮に、遺言を作成したとしても作成方法に沿って内容が記載されていない場合、遺言は無効となってしまいます。
遺言を書くときは法律で定められている書き方で記載し、正しく書くようにしましょう。

・遺書の意味と法的な効力は?
遺書と言うのは法的な効力がないもので、書き方も自由なものを言います。
いわゆる手紙のようなもので、自分が死んだ後に家族や友達に読んでもらいたいものを表しています。
自分の気持ちを素直に伝えたり、お願いをしたりするときに活用されます。
主に、遺書に書かれることと言えば、葬儀についてや埋葬するときに入れてほしいもの、お墓の希望や家族への感謝、子供たちへの思いについてなどです。
遺書はどんなことでも書くことができるのですが、法的な効力はないので遺書に遺産について書かれていたとしても無効となってしまいます。
遺産について希望する相続人がいる場合や遺産を贈与したい場合は遺書ではなく、別途遺言を作成して一緒に読んでもらえるようにしておいたほうがいいでしょう。

このように遺言と遺書は全く違うものです。
自分の遺産を誰に相続させるのか、法的に効力があるものを遺言。
自分の気持ちや家族に感謝の気持ちを伝えるのが遺書となります。
遺産について明確に記しておきたいという願いがあるときは遺言、家族に自分の気持ちを伝えておきたいという場合は遺書を書くようにしましょう。
中には、遺言と遺書の両方を書きたいという人もいると思いますが、遺言に遺産について書いたとしても無効となってしまいます。
遺産についても書きたいという場合は遺言と遺書の2つを作成し、遺産相続について記しておいたほうがいいと思います。
間違っても遺書に遺産相続について書かないようにだけ注意しましょう。