遺言を残すケースには?

遺言とは、自分の死亡と共に身分上や財産上の法的効力を発生させる目的で実施する単独の意思表示と法律上では定義されています。
どういうことなのかというと、自分が死亡することで自分の財産が誰に引き継がれることで、同様に自分の身分に関する法律関係などといった法律的な効力を生み出すことです。

こうした定義があるので、自分の死後は兄弟仲良くしてほしいといった言葉を残した場合は、単に自分の気持ちを記述したもので法律上の遺言には該当しないのです。
また、単独の意思表示なので他人の同意を条件にして遺言を残すことや、自分の代わりに誰かが自分の遺言を残しておくといったこともできないことです。
このような考え方がされる遺言ですから、残しておくことによりできることがありますし、残しておかないと残された人が困ってしまうこともあります。
そこで、一般的に遺言を残しておきたいと考えるケースには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、相続人の中で特定の者に遺産を与えたい、生前贈与した相続人がいる、療養看護してくれた子供に対して多めに相続したいなど、法定相続分と違った割合で遺産を与えたいケースがあります。
先妻の子や養子がいる、相続人の数が多い、隠し子がいる、相続人の仲が悪いなど、相続関係が複雑でもめる可能性が高いケースも残しておくべきケースです。
遺産のほとんどが不動産である、会社や店を継ぐ権利などがある、遺産の種類や数が多いといった分割しにくい財産がある場合も遺言があると良いケースと言えます。
その他にも、相続権がない人に財産をあげたいとか、一定の条件を付けて財産をあげたいケースも遺言を残しておきたいケースとしてあります。

遺言は誰でも残すことが可能なのか?

遺言を残すために備わっている必要条件のことを遺言能力と言って、法律上では15歳以上であることだけが求めている条件でその他には一切規定していないのです。
その為、たとえ成年後見の審判を受けている人であっても、遺言をする時に医師の立ち会いが必要にはなりますが、そのことだけで遺言ができなくなるということはありません。
それだけ法律上においても人生の最期の言葉を尊重するという姿勢が示されていると考えられるのです。

ただし遺言を残す際にその遺言の内容が理解できる能力の「事理弁識能力」がない状態では、実質的に遺言を残したことにならなくて、その遺言自体は無効となってしまいます。
つまり、遺言に関して形式的に何の問題がないものでも、それを記載した時点で事理弁識能力がなかったと判断されてしまうと、法的効果は無効となって争いの火種となる可能性もあるのです。
実は遺言作成時に意思能力があったかどうかを争点にした裁判というのは少なくないのです。

法律上で認められている遺言の種類は?

亡くなられた方の最期の言葉として遺言は、その人の財産関係や身分関係に大きな変化をもたらすものです。
その為、いい加減に作成されてしまうと果たしてそれが遺言者の真意で作成されたものなのか分からなくなってしまいます。
そこで、法律では遺言を作成する時の方式について厳格に規定していて、その方式と異なる形で作成された遺言に関しては無効とされます。
ですから遺言にはどのような種類があって、それぞれの遺言にはどのような方式で書くことが義務づけられているかを知っておく必要があります。

一番スタンダードな遺言で遺言者が自らの手で作成する遺言が自筆証書遺言で、遺言の全文・日付・氏名を自書する方式によることが必要とされています。
ですから、他の人の代筆やパソコンなどによる記載は無効になりますし、遺言者や作成日付が特定できるように具体的に記載する必要があります。

遺言の作成に公証人という公正証書作成の専門家が関与して公正証書の形にする遺言を公正証書遺言で、公証人が入ることでトラブルを回避するために有意義になります。
ただ規定されていることがあって、そのひとつは未成年者・遺言者の相続人・公証人の親族などは証人にはなれませんし、2人以上の公証人の立ち会いが必要となります。
もうひとつは遺言者が遺言の内容を口述により公証人に伝えることですが、実際は事前に遺言の内容を書面で作成して起き、それを公証人の前で読み上げる形をとることが多いです。

遺言内容を遺言者が亡くなるまで秘密にすることを目的とした遺言が秘密証書遺言で、遺言内容が生前に明らかになることで紛争が生じることを防止するために認められている方法です。
遺言者が遺言に署名・捺印して、遺言者がその遺言に封をして遺言書に使用した印で封印をするといった方式が規定されています。

その他に特別な遺言として法律上規定されているものとして、一般危急時遺言・難船危急時遺言・一般隔絶地遺言・船舶隔絶地遺言などがあります。
ただ、これらの遺言を作成するには厳格な方式が規定されていて、ひとつでも不備があると原則として無効になってしまいます。

遺言書についてもっと詳しく知りたいなら遺言書パーフェクトガイド|メリット・種類・作成方法・検認まで